幸せは後から気づく事

結婚したての頃は、旦那が大手の会社を退職し転々と転職、引っ越しをしていました。
給料も安く、結婚するまで浪費家だった私。
でも好きな時に好きな物食べれて欲しい時に洋服が買えて、ネイルもマツエクもしてました。
彼氏も居なくて自由奔放に生きてて凄く幸せ感じていました。

ご縁があり、彼氏ができてすぐスピード婚をしたのですが、旦那は自由奔放な私に貯金使い果たすまで尽くしてくれていました。
でも大手の会社を退職してから人生は好転。
極貧の生活に変わりました。
好きなマツエクもネイルもショッピングも止めてあらゆるブランドも質屋に売ったりして生活の足しにするほどでした。

これは私が変わらなければならない!
と思い極貧生活でも旦那の休みの日はDVDレンタルしてまったりしたり、節約を頑張って覚えたりとそれはそれで幸せを感じていました。
私は変わりました。

旦那がこのままではダメだもう一度チャンスをくれと元居た大手の会社に戻りたいと言いだしました。
私はその方が良いよ。と言い、社長からもオファーが来てたので、また引っ越しと元の会社に戻りました。

地元から離れ地方に行き、友達も出来ずに独りぼっち。
今引っ越しして3ヶ月経ちますが勿論友達も居ません。
でも前より給料も上がり、ソファーやこたつやオーブントースターとか買える余裕か出るくらいに戻りました。

前の家は築何十年?ってぐらいのアパートで、旦那が部屋の写真を撮ってたので、今は笑ってあれはあれで楽しかったし、幸せだったねと言い合うようになりました。

今はまだネイルやマツエクはできるほど余裕はまだないですが、月に1着洋服買ったり化粧品買ったりと充実しています。

幸せって楽しい気持ちと似てるし、私は後からあの時は幸せだったんだと気づくものだと思っています。

確かに貧困より普通の方が心のゆとりも出ますし断然良いと思いますが、お金がなかったらないなりに夫婦の絆が深まりました。

それはかなり大きい事だと思っています。
結婚した当初は旦那は自由奔放な私に不安もあり我慢もしてたと思います。

でも貧困生活のお陰で努力している私を見て信頼関係が出来ました。

今では結婚したての夫婦みたいに幸せな毎日を過ごしています。
結婚してから出来なかった事沢山あるので、少しずつ2人でやっていけたらなと思っています。
友達に会いたくなったりもしますが、毎日LINEしてくれる友達もいますし、今はそれで幸せですかね。
学んだ事は幸せって後になって気づくという事です。

ワーホリで良い仕事を見つけてワーホリを成功させるためには

ワーキングホリデー(略してワーホリ)にてできるだけ英語が上達できそうな給料の高い仕事を見つけるためにはそれなりの英語力が求められます。
英語が全く話せないと、日本食のレストランの皿洗いや日本人相手の免税店の売り子など、英語を話す機会が非常に少ないお仕事しか雇ってもらえません。

ワーホリで最初語学学校に入るから大丈夫と思っても現地で数ヶ月英語を勉強しただけでは、そう一朝一夕では英語は話せるようにはなりません。
英語を使う仕事をバリバリしてワーホリ 成功させたいと思ったらそれなりに学習に時間がかかります。

よく聞くのが、ようやくなんとか多少の日常会話が出来るようになった頃には、ワーキングホリデーのビザの有効期限が残り少しになってしまって、今度はそれが原因でお仕事が決まりにくくなるという話です。

それを避けるためにも、日本で出来る限り英語の準備をすることが必要です。
例えば英会話教室に通ってみるといったことがあります。ただ毎日英会話教室に通うとなると時間もお金もかかります。

そういうときにおすすめするのがオンライン英会話レッスンです。
これならパソコンかスマートフォン、ネット環境があれば自宅でも出先でもどこでも受けることができますし、料金も1レッスン数百円と格安のお値段です。
ワーホリ前に英語を話す練習と外国人と話す抵抗感をなくすおすすめのレッスン方法です。

よくワーキングホリデーはお金がかかるから、出来るだけお金を使わずに、現地に行ってから勉強すればいいということをいう方がいらっしゃいますが非常に危険な考え方ではないかと思います。

英語ゼロで現地に行くことはよほど勇気のある人でなければ、すぐ現地で日本人を探し日本人とつるんでしまいます。
そうなると英語力を伸ばす機会が極端に減ってしまうということです。

現地に行く前に英語の勉強さえしておけば、着いてすぐから現地の人や他の国の人と接することがかのうです。特に話す勉強をしておくことは非常に大切です。

下手をすれば一生に一度しか出来ない貴重な経験です。自分の出来るベストを尽くしてから行くことで、現地で得られる経験が全く違うものになります。

またお仕事が出来るくらいまで英語力を高めてから行けば現地ですぐに働くことも可能になります。
出国前にきちんと投資をしておくことで、金銭面でも経験面でもリターンがあるのです。

ワーキングホリデービザは1年か国によって2年と限られているのです。現地に行ってすぐに行動できるよう、できるだけ日本でできることは出発前に日本でしておくことを強くおすすめします。